U-12Cリーグ 第一、二節

@桃一小
vs杉六
前半0-0
後半0-0
計0-0

vs桃一
前半2-1 シノ、ケイジロウ
後半0-1
計2-2

リハウスリーグが開幕しました。
第一節vs杉六、第二節vs桃一との試合でした。

チームとして継続して取り組んでいるポイントを確認して試合に臨みました。

杉六戦
〇良かったところ
・相手最終ラインを突破しペナルティエリア内に進入できた
・セットプレー(CK)からシュートで終わることができた

〇課題
・相手ペナルティエリア内の判断→シュート、クロス、マイナスへのパス
・ペナルティエリア手前からのシュート意識
・決定力

桃一戦
〇良かったところ
・前半のうちに逆転までもっていけた
・セットプレーの流れから得点を奪うことができた

〇課題
・相手の背後を狙った動き出し、パスに対して→予測、準備、予備動作
・後半押し込んだ時間帯での追加点
・後半終盤の体力的に厳しい時間帯でのプレー判断→ボールを繋ぐのか、相手の背後に入れるのか

Cリーグ第一、二節
杉六戦では試合のほとんどの時間帯を通して多くのチャンスを作りましたが、“決定力”の部分でチーム・個人として課題が残りました。
桃一戦では相手に先制される難しいゲーム展開の中で、チャンスで決めきることができ前半をリードして折り返すことができました。後半1点差で時間が進んだ中で、試合の終わらせ方の部分で勿体ない失点になりました。

リーグ戦を通して、
ゲーム運び、プレー判断 等、一つ一つチーム・個人の課題と向き合って乗り越えていきましょう!!

応援、サポートありがとうございました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。