2/11・2/27 U-8 FORZA

2/11㈮ U-8 FORZA & TM vs 渋谷東部JFC・FCレパードジュニア

2/28㈰ U-8 FORZA & TM vs ブルーイーグルスβ

2/11㈮ U-8 FORZA

vs 渋谷東部JFC 0-3

前半 0-1

後半 0-2

vs FCレパードジュニア 1-0

前半 0-0

後半1-0

2/28㈰ U-8 FORZA

vs ブルーイーグルスβ 0-3

前半 0-1

後半 0-2

今月に行われた3試合の内容をまとめてお伝えし、1年間の総括をしたいと思います。

月並みの綴りとなってしまうかもしれないですが、3試合を通じて去年3月からの成長と課題が色濃く残るものだったのではないかと思います。

まずは、この1年間で1,2年生の選手たちは尺度は違えども、一人ひとりの成長した姿が松本コーチと僕自身お互いに感じることができました。

思うように自分の武器が伸びない、見つからないとした中でも、皆本当に頑張っていたと思います。

声かけでチームを引っ張る選手、サイドでの縦突破から一人でシュートまで持っていける選手、繊細なボールタッチで相手選手の重心の逆を突いて剝がすことができる選手、エレガントなディフェンスができる選手、前線で体を張ったボールキープで攻撃の時間を作ることができる選手、誰よりも落ち着いて周りを見て適切な判断をとれる選手など、一人ひとり挙げてもきりがないのですが、これだけ多種多彩なタイプの選手たちが出てきたことは、非常に喜ばしい限りです。

それぞれが自分自身で身に着けた武器で自信を持っていってもらえればと思います。

また、その反面で課題もあります。

チームの課題のみを挙げようと思いますが、

  • 失点した途端に敗戦が決まったかのように落ち込む
  • チャンスを作っても決めきれないことのほうが多い
  • シュートを打って防がれても押し込みに行こうとせず、攻撃を一回で終わらせる
  • 相手のシュートに対してであったり、仕掛けてくる相手に対して自分から積極的にアクションを起こしてボールを奪いに行こうとしない

といったところです。

もちろん技術的な問題もありますが、選手それぞれから話を聞く限りでは、ほとんどが失敗を恐れていたり、試合の勝敗を気にしすぎるあまりの過度な緊張感が影響しているのかもしれません。

選手たちにいつも伝えていたことは、サッカーはミスをするスポーツであり、海外のトップレベルの選手でも試合中に失敗を犯すことはある、大事なのは、失敗をしてもいいからとにかく思い切りチャレンジし続けてゴールにつなげられるようにチーム全員で頑張っていくこと、です。

成功ができない原因は僕たちコーチ陣にもあります。

ですから、選手たち・コーチ陣がチームとしてミスをしてもいいからどんどんチャレンジして、それぞれがレベルアップを目指していく姿勢を貫いていくことが大切なのだと思います。

3月から新体制となり、松本コーチも僕も担当につくことが少なくなりますが、うまくなって強くなった選手たちの姿を見ることを楽しみにしています。これだけ成長した選手たちなのだから自分を信じ続けてレベルアップできると信じています。

渋谷東部JFC・FCレパードジュニア・ブルーイーグルスβの皆さん、対戦をしていただきありがとうございました。来年度以降もお互いに切磋琢磨し、いい試合をしていければと思います。よろしくお願いします。

レガウU-7・8の保護者の皆さん、1年間たくさんのサポートをしてくださり、ありがとうございました。至らない点も多々ありましたが、大変お世話になりました。

今後もレガウを引き続きサポートしていただければ幸いです。

改めまして、1年間ありがとうございました。お互いにクラブの一員として今後ともよろしくお願いします。

河村 圭

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。