1030 U-8 FORZA

10月30日㈯ U-8 FORZA vs FCレパードジュニア

FORZA 0-6

前半 0-4

後半 0-2

TM① 1-1 フミヒロ

TM② 2-1 ユウセイ、リオ

切替の速さ・フィジカルレベル・テクニックレベル、どれにおいても差がついてしまった一戦でした。

今季二戦目のFORZAリーグでしたが、結果は大差をつけられてしまいました。

練習試合を含めて選手それぞれが、「通用するプレーと分が悪くなってしまうプレー」というものを少しでも感じ取ることができた一日となっていればと思います。

普段の練習から試合だと思って一つひとつの勝負にこだわることが大切になってきます。

これは求めるコーチの力量が大きくかかわることなのですが、プレーする選手がそういった気持ちの面でのパフォーマンスを表現していかなくてはいけないと感じています。

今日の対戦相手であった選手たちは普段の練習から、切り替え時の球際勝負、プレーアクションのダイナミックさが備わるように意識を持って取り組んでいるのだなと、思いました。

次の試合までもう時間はありません。

「負けたくない気持ち」「うまくなりたい気持ち」を前面に押し出しつつも、丁寧にやるべきところはしっかりと落ち着いて認知→判断→実行というサイクルを忘れづに取り組んでいきましょう。

試合はまだまだあります。

今日のような経験をしていれば、どこまででもレベルアップができるということは確かです。

チーム全員で前を向いて、1つ上でも、2つ上でも、成長していきましょう!!

FCレパードジュニアの皆さん、今回対戦してくださり、ありがとうございました。

サポーターの皆さん、今回もチームの応援をありがとうございました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です