熱中症対策のお願い

いつもお世話になっております。
青木です。

連日猛暑が続きサッカーをするうえで非常に厳しい環境となっておりますので、下記のご協力をお願いいたします。

①移動・練習時 マスク不要 ※念のため持参
②練習・試合次には氷・保冷剤、スポーツドリンク・経口補水液、塩分チャージ等をクーラーバッグへ入れて持参、飲料は2リットル以上推奨
③体力の保持
食事:3食しっかり食べる(特に朝食は大切)
睡眠:最低9時間は寝る。
体力つくり:「やや暑い環境」で「ややきつい」
と感じる運動を毎日、30分ほど行う。
④水分の補給~のどが渇く前に、少量を多くの回数で飲む。
⑤汗の拭き方~湿ったタオルなどで、叩くように拭き取り 、肌に水分を残す。
※東京都少年サッカー連盟「熱中症対策ガイドライン」参照

試合・練習時は30分前までに250~500mL程度の水分摂取
試合・練習中 1時間で合計500~1,000mL
終了後 運動で減った体重分を寝る前までに数回に分けて補給が必要。

90分~120分の練習時間で1・5~2リットル以上の水分摂取が必要
※練習時に500~1000mlのみ持参の選手がいます。

選手が安心して安全にプレーできる環境の整備および選手のパフォーマンス向上を目指します。ご協力をお願いいたします。

何卒宜しくお願いいたします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。